So-net無料ブログ作成

林鉄客車の整備 [森林鉄道]

以前から気になっていた客車の「転がり」の修正を試みます。
MWの上松のB型No,17とW工芸のB型客車(旧製品)です。
この2両編成の引出しは、一番重い凸型DLしか出来ません。
conv0007.jpg
まず、MWの台車はピボットの軸受が無く、直接ロストの台車が軸受になっていたので、
アルモデルの軸受けに変更しようと寸法を測ります。
conv0001.jpg
conv0009.jpg

う~ん、MWの台車の幅が約0.6mm違うので無理。
ただ良く見ると、厚いロストの台車に車輪が当たっている!
conv0008.jpg

そこで台車枠を削ります、2.1t→1.8tmmへ。
conv0003.jpg

これで車輪と台車枠のクリアランスがとれました。
conv0004.jpg

快調に走り始めます。
conv0005.jpg

たった5グラムのビハインドで、凸型に負けていた酒井7tも余裕で牽引出来ました。
conv0006.jpg
w工芸の客車は軸受も別パーツ化なので、一旦バラして組み付け直しました。
若干、転がりは改善されました。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。