So-net無料ブログ作成

コッペル エコノミータイプ その2 [軽便蒸機]

約一ヶ月ぶりに模型工作再開です。
デコーダの搭載はモーターに抱かせるため、モーターの露出部分をプラ板で塞ぎます。
conv0012.jpg
デコーダをマスキングテープで固定。
conv0001.jpg
仮のウエイトを乗せて試運転。スムースとはいきませんが、まずまずの走り。
最後に調整します。
conv0002.jpg
ボイラー部が「ムク」の丸棒ですのでライトの配線を中に通す訳にはいきません。
そこで細密パイプ0.6x0.4(エコー製)を使い、電線管兼ハンドレールとします。
極細エナメル線は約0.1Φですから2本通しても内径0.4で余裕です。
conv0010.jpg
0.5Φのキリで5ミリほどの深さの穴をあけ割りピンでパイプを固定します。
conv0011.jpg
さてこの後、難関のライト配線になります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。